女性の6割が経験!恥ずかしい尿漏れの原因とは

女性の6割が経験!尿漏れの原因とは

何と女性の6割もの方が経験しているという尿漏れですが、その原因はいったい何なのでしょうか。

ほとんどは加齢とともに尿漏れの症状が出てくるのですが、最近では、若い女性でも尿漏れをすることがあるようです。

尿漏れの原因を知ることで、改善方法も見つかることでしょう。では、どんな原因が考えられるのでしょうか。

若い女性の尿漏れの原因

一般的な女性の尿漏れとは違い、10代や20代の女性が尿漏れを起こす原因は、運動不足による筋力の衰えである可能性が高いです。

排尿の指令を出すのは自律神経ですので、ホルモンバランスなどにより、自律神経が乱れることでも尿漏れを起こす原因となる場合があります。

もう一つは、若い女性に多い内股が尿漏れの原因になっているのです。内股の癖がつくとO脚になりやすく、骨盤底筋が発達しにくくなるのです。

とくにヒールの靴を履いたときには、なるべく外股になるように心がければ改善することができます。

一般的な女性の尿漏れの原因

一般的な女性の尿漏れは、腹圧性尿漏れが多いです。咳やくしゃみなどをしてお腹に力を入れた時に、少しだけ尿漏れをしてしまう症状です。

これは、男性よりもはるかに女性に多い症状で、60~70%を占めます。

これは、出産のときに骨盤底筋の収縮が弱まったのがきっかけで、子宮や膣、膀胱が下がり、圧迫されることで尿漏れを起こすようになります。

また女性に多い頑固な便秘や肥満が原因で、膀胱や尿道を圧迫し、尿漏れを起こすこともあります。

切迫性尿漏れは、トイレに行きたいと思ったら、トイレまで間に合わずに尿漏れをしてしまう症状です。

これは、膀胱炎で頻尿になっているのが原因になる場合があります。また、ストレスなどがかかり、トイレに行けない状況にいると、余計にトイレに行きたくなってしまうという精神的なことが原因の場合もあります。

女性の場合、更年期障害が原因で尿漏れを起こす場合もあります。その場合にも、腹圧性尿漏れや切迫性尿漏れに分類されます。

尿漏れの改善方法

まず、骨盤底筋が衰えているかどうかを確認してみましょう。

まず、肛門に3本の指を当てます。そして尿を我慢する時のように、キュッと力を入れてみます。その時に、肛門の少し前方が固くなり、前に引っ張られるように締まる感じがあれば、骨盤底筋が正常に機能している証拠です。

また、尿を途中で止めたり、弱めたりの調整ができるようなら、骨盤底筋が動いているということです。もしそれができないようなら、骨盤底筋を鍛えて、尿漏れを予防・改善する必要があります。

筋力を鍛えたり、肥満や便秘を解消することも大切です。また、尿意があったら我慢せずにすぐに行くようにしましょう。

トイレに行きたくなるからといって水分をあまり摂らないと、膀胱炎になってしまう可能性もありますので、仕事の状況を考えながら、なるべく水分を摂ってトイレに行きましょう。

最後に

尿漏れは、やはり恥ずかしくて中々人に相談できることではありませんよね。

しかし早期に改善しておかなくては、筋力が衰えすぎて、骨盤底筋を鍛えるのも難しくなってしまいます。日頃から鍛えるようにしておけば、予防にもなりますので一石二鳥です。

全員がなるわけではありませんが、加齢とともに確率が高くなりますので、少しでも回避できるように心がけておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る