口コミを元に選定!残尿感、頻尿を治すおすすめサプリランキング

口コミを元に選定!残尿感、頻尿を治すおすすめサプリランキング

あなたは次のような症状で悩まれていないでしょうか?

  • 何回もトイレに行く(頻尿)
  • おしっこのあとのキレが悪くて困っている
  • キレが悪くパンツに滲みて、気持ち悪いと思いながらも一日過ごす
  • 夜中、頻繁におしっこで起きる
  • くしゃみなど力んだ時に漏れる
  • せっかく旅行も長距離移動が心配
  • この歳でおむつ・・・?

これらの悩みを治すにはサプリを飲むのが一般的になっています。

しかし、いざサプリを選ぼうにもなにを基準にサプリを選べばいいかわからない。こういう疑問も出てくると思います。

そこで残尿感に悩まされ、実際にサプリを飲み比べて症状を解消した私の経験からサプリ選びのポイントとサプリランキングを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。


もっともオススメできる残尿感・頻尿対策サプリ「希望光(きぼうこう)」

私がおすすめするのは九州自然館の「希望光(きぼうこう)」です。

私は用を足したあとどうしてもすっきりしなかった残尿感に悩んでいたのですが、私が実際に飲んだところ、3日ほどで効果を実感できました。

おしっこの勢いからして全く違っていて20代のときのような解放感で大満足しています。

それもそのはずで、何と言っても残尿感や尿もれに効くとされる3大ハーブ「クランベリー」、「ペポカボチャ種子」、「バナチン」という成分がバランス良く配合されています。

これらの成分は海外では医療の現場でも使われるほど効果があとされていて、日本でも臨床試験で効果が実証されている成分でもあります。

実際の愛用者も87.5%が効果を実感しているとのこと。

クチコミサイトでもとにかく評判が良く、詳しくはこちらにレビューしてあります。
希望光(きぼうこう)のレビュー

3つの成分がそれぞれに効くので、この類のサプリでは珍しく男女兼用です。

ちなみにコスパは最高で1日約130円で、送料は無料です。

・医療の現場でも使われる有用成分
・3日から1週間ほどで効果を実感
・男女兼用

残尿感や頻尿に効果的な3大成分配合
「希望光」の公式サイトはこちら


つぎにおすすめするのはファインエイドの「すっきりさわやか習慣」です。薬剤師である森氏が監修しているサプリメントです。

特徴はなんといってもノコギリヤシ550mg、西洋カボチャ750mgとダントツの含有量を誇ることです。

ノコギリヤシは男性の残尿感をすっきりさせるのに最有力と言われている成分です。とは言ってもこのサプリメントは男女ともに効きます。

こちらの成分も医療の現場で使われています。価格も1日あたり127円とコスパも最高。あの気持ちわるさが治るのであれば安いもの。もちろん送料は無料です。コスト、効き目ともにオススメです。

ちなみに薬剤師の森氏がまとめたノコギリヤシレポートもついてくるという特典つきです。これがまたすごくよくまとまっていてわかりやすいんですよね。無駄を省いて重要なことだけが書かれているといった印象です。

配送時の伝票は「雑貨」と書かれているのも家族にバレずに安心。配慮は抜群。

公式サイトはこちら。さっき見てたらキャンペーン中で、大幅値下げ中でした。

・ノコギリヤシの配合量がダントツ
・コスト、効き目ともにおすすめ
・家族にバレない安心梱包

ノコギリヤシがダントツの配合量
「すっきりさわやか習慣」を見てみる

キレが悪い、頻尿のそもそもの原因は何か

残尿感の原因は膀胱に「溜める」と「出す」の機能に異常が生じていることにあります。

溜まりにくい、または出やすいと頻尿の原因となりますし、逆に出にくいとキレが悪さから残尿感の原因となります。そしてこれらは男女で原因が違ってきます。

男性の場合

男性の場合は尿が出にくくなり、残尿感に悩む人が多いのですが、これは前立腺が肥大化していることが原因です。

女性の場合

女性の場合は尿もれや頻尿に悩む人が多いのですが、これは骨盤底筋の衰えから尿道が緩むことが原因です。くしゃみや力んだ時、笑った時などに「あ・・・」と尿もれしてしまうのはこういう理由です。

図解するとこんな感じです。

a

残尿感を頻尿を治すのに市販薬はおすすめできない

市販薬もお手軽にできる対策としては優秀です。しかし、市販薬は副作用という最大のデメリットを理解する必要があります。

市販薬は手軽に買えるといってもあくまでも薬であることには変わりません(第2類医薬品や第3類医薬品に該当します)。

最も有名な大鵬薬品のハルンケアでさえも、発疹やかゆみ、嘔吐、食欲不振や下痢や便秘、さらには頭痛、めまい、どうき、息切れ、悪寒といった副作用があると公式サイトに掲載されています。

さらには用法も注意です。例えばレディーガードコーワですが高齢者は飲んではいけないという薬です。普通の薬と思って飲用するには非常に注意しなければいけないのが、尿もれ、頻尿の市販薬ということです。

買うときもドラッグストアで買わなければならず、モノがモノだけに恥ずかしいというのもデメリットですね。このため、最寄りのドラッグストアではなく、わざわざ遠くのドラッグストアへ行って買う人もいます。

そのため、私たちは市販薬よりも安全なサプリをおすすめしております。

サプリはほんとに効くの?

副作用がないからと言っても効かないと意味がありませんよね。しかし、サプリもちゃんと効果を立証された成分があります。

頻尿、利尿作用に良い成分は科学的に特定されていて、むしろイギリスなど海外では、医療の現場でもこれらサプリに使われている成分が使われています。

ノコギリヤシ

もう説明がいらないほど有名です。前立腺肥大症の治療薬として非常に有効とされています。

医薬品と同等の効果があるともされ、ヨーロッパでは非常に有用な生薬として報告されています。前立腺肥大に効くということで男性向けです。

クランベリー

尿路感染症に有効であると報告があります。つまり膀胱炎や細菌感染の各種炎症にクランベリーが有用ということです。

ここで注意したいのは間質性膀胱炎や過活動膀胱炎などは効く場合と効かない場合がありますので、クランベリー単体ではなく、他の成分と組み合わせて使われるのが多いです。

ペポカボチャ種子

ドイツで医薬品として許可されている健康素材です。数々の利尿トラブルに効果があるとされていて、特筆すべきは女性に効果があるということです。

日本でも医療機関でペポカボチャ種子エキスの効能を調べる研究がされており、頻尿に悩む52才から86才の女性に、ペポカボチャの種子エキスを6週間飲ませたところ、摂取から1週間後に著しい改善がみられ、夜間のおしっこ、日中のおしっこ回数、睡眠に対する満足度、失禁回数が劇的に改善した。

特に夜間の頻尿では80%以上という極めて高い改善率であった。

つまり、男性はノコギリヤシ(+クランベリー)、女性はカボチャ種子(+クランベリー)がオススメということです。

失敗しないサプリの選び方

見るべき箇所は主成分です。男女で摂るべき成分が違うのでここが最も注意するべきです。

男性はノコギリヤシ(+クランベリー)、女性はカボチャ種子(+クランベリー)の含有量が多いサプリがオススメです。

そして費用。サプリによって1日に飲む量や1袋に入っている錠数も違うので単純な価格比較ではなく、1日あたりの価格で比較するべきです。

結論を言えば、男性も女性も「希望光(きぼうこう)」を選べば問題ありません。

紹介したサプリはこんな人におすすめ

・残尿感があってどうもすっきりしない
・頻尿で夜に何回もトイレに行ってしまう
・くしゃみや咳をした時に尿もれしてしまう
・飲み物を我慢しなくてはいけない
・すぐにそわそわしてしまう

残尿感解消サプリNo1
「希望光」の公式サイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る