残尿感・尿もれ・頻尿を治せるおすすめ市販薬とサプリを紹介

残尿感や尿もれを治せるおすすめ市販薬とサプリを紹介

「おしっこをしても残尿感があってどうもすっきりしない」
「くしゃみをした時に尿もれしてしまう」

こんな悩みを治せるおすすめの市販薬ってどれだろう?って疑問ありませんか?

しかし、残尿感や尿もれを治すには副作用のある市販薬を使わずともサプリであっけないほど簡単に改善できてしまいます。

私も最初、市販薬を飲んでいたのですが、どうもスッキリしないばかりか倦怠感や頭痛という副作用もあったんですね。

それでなんかいい手がないかネットで調べてみたところ、「希望光(きぼうこう)」というサプリがかなりおすすめとのこと。

クチコミも良く、安かったのですぐ購入したのですが、これが大正解。飲み始めて3日ほどでおしっこのキリが良く、とにかくスッキリする。くしゃみをしたときの尿もれや頻尿が怖くなくなりました。

男女兼用なのでいまは夫婦で飲んでいます(笑)

ちなみに先ほど確認したらキャンペーンをしていて大幅値下げ中でした。

私がオススメ!3日目から実感
「希望光」の公式サイト

残尿感、頻尿、そしてくしゃみをしたときに尿もれしたのがきっかけ

私は今40代ですが、とにかく残尿感と頻尿に悩んでいました。若い時ならすぐに終わっていたおしっこも残尿感のため、パンツを履いたあとに「ショワー」となることが怖くてなかなかパンツをはけません。

飲み物を飲むとすぐにおしっこに行きたくなるので、電車やバス、映画館など長時間動けないことの直前には特に注意していて、とにかく日常生活で何かをするときに必ずおしっこのことが頭をよぎるようになっていました。それでも加齢によるもので仕方ないのかなぐらいしか思っていませんでした。

しかし、決定的だったのはある日くしゃみをした時のことです。お恥ずかしい話、おしっこが出ちゃったんですよね。

ほんのちょっとだったのですが、40代での尿もれは正直かなりのショックでした。

それからはくしゃみするのも怖くて、ずっと我慢。少しでも尿意がすると早め早めにトイレに行くようにしたので、さらに頻尿になってしまいました。

さすがにこれではいけないと思って市販薬をいろいろ試しましたが、副作用が怖くてどれもダメ。病院に行くのも恥ずかしい。そんなときに出会ったのが先ほど紹介したサプリ「希望光(きぼうこう)」です。

使ってみた効果はどうなのか?

驚いたのが飲みはじめて3日目ぐらいから違いがはっきりわかったことです。下腹部がキュッとした締りがあるような感じで、まるで20代に戻ったような感覚です。

飲みはじめてからというものあれほど悩んでいた残尿感・頻尿・尿もれ、どれもすっきりしています。おしっこのことを気にしない日常生活というのがこれほど解放的だと思いませんでした。もう当時に戻るのは嫌ですね。

なんで希望光って残尿感や頻尿にいいの?

2016-12-02_16h54_06
希望光(きぼうこう)の公式サイト

何と言っても残尿感や尿もれに効くとされる3大ハーブ「クランベリー」、「ペポカボチャ種子」、「バナチン」というのがバランス良く配合されているからです。

これらの成分は海外ではお医者さんも使うほど効果が実証されている成分です。さらにすべて自然由来成分ということで安全性に十分に配慮がなされています。

じつは残尿感や頻尿というのは男女で原因に違います。男性に多い悩みは残尿感やキレの悪さ、女性に多い悩みはくしゃみなどハッとしたときの尿もれや頻尿というように悩み自体も違うのですが、3つの成分がそれぞれに効くので男女兼用なんですね。

製造元が製薬会社で科学的根拠に基づいた処方がされていますし、なにより実際の愛用者の87.5%が実感しているという実績が強みですね。もちろん私と夫も愛用者です(笑)

お医者さんも使う有用成分
愛用者の87%が実感
男女兼用

通販だと買いに行かなくていいから恥ずかしくない

希望光はサプリなので通販できます。これって意外にうれしいんです。

なぜなら病院に行くなんて恥ずかしいからです。「お・・・おしっこが漏れちゃって・・・」なんて口が裂けても言えません。

かたや市販薬を買っていたときは、近所のドラッグストアじゃなくてわざわざ遠くのドラッグストアまで行っていました。これってけっこうストレスなんですよね。

それが家に送ってくれるというのは恥ずかしくなくて本当にいいです。送料も無料ですし。ちなみに希望光は1日あたり127円とコスパが最高です。

コスパが非常に良い
「希望光」の公式サイトはこちら

【参考】私が希望光を飲む前に飲んでいた市販薬

先ほども言いましたが、最初は市販薬を飲んでいました。

しかし、市販薬は副作用という最大のデメリットを理解する必要があります。

市販薬は手軽に買えるといってもあくまでも薬であることには変わりません(第2類医薬品や第3類医薬品に該当します)。

最も有名な大鵬薬品のハルンケアでさえも、発疹やかゆみ、嘔吐、食欲不振や下痢や便秘、さらには頭痛、めまい、どうき、息切れ、悪寒といった副作用があると公式サイトに掲載されています。

さらには用法も注意です。例えばレディーガードコーワですが高齢者は飲んではいけないという薬です。普通の薬と思って飲用するには非常に注意しなければいけないのが、尿もれ、頻尿の市販薬ということです。

ボーコーレン(小林製薬)

11種類の生薬からなる漢方薬が配合されており、「五淋散」が主成分です。

ブクリョウ、トウキ、カンゾウなど様々な生薬の効果を発揮してくれます。膀胱や尿道に違和感があり、残尿感や頻尿、排尿痛や尿のにごりなどを改善してくれます。

ただ、副作用として食欲不振や胃部不快感があげられ、ごくまれに、間質性肺炎と呼ばれる重い副作用が発生する場合もあります。

その他、息切れがしたり、息苦しさ、空咳や発熱、手足のだるさ、しびれなども副作用として報告されていますので注意が必要です。

ハルンケア(大鵬薬品)

8種類の生薬から抽出した成分が入った薬です。軽い尿もれ、オシッコの回数が多い、残尿感や尿が出渋るといった症状を緩和する医薬品です。

体力の低下、下半身の衰え、手足が冷えるという人にもおすすめです。男女どちらが飲んでも良いとされていますが、このハルンケアも副作用があります。

な副作用としては、発疹、かゆみ、嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛、便秘などがあります。

腎仙散(摩耶堂製薬)

残尿感や頻尿がある場合には、膀胱炎になっている可能性が高く、細菌に感染しているのかもしれません。その場合には、細菌を排出するために利尿作用で尿をたくさん出さなければいけません。

また抗炎症作用のある生薬を配合していますので、腎臓の老廃物の排泄を促す効果に優れていて、残尿感などの排泄トラブルや炎症を起こしている場合にも、効果を発揮します。

主な効能は、腎炎、ネフローゼ、膀胱炎、ムクミなどです。

猪苓湯(クラシエ)

猪苓湯は、中国で古くから使われている漢方で、残尿感や尿が出にくいなどの症状に効果があります。また、膀胱炎などによる排尿時の痛みの改善にも効果があります。

体力に関わらず使用できて、排尿困難、排尿痛、残尿感などの排尿異常がある場合や口が渇く人にとっても良いでしょう。

最後に

市販薬を試す前に、一度サプリを試してみてください。キャンペーンでやっていますのでお試しなら今がお得です。
副作用を気にしなくていい!
「希望光」の公式サイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る