女性必見!6割が経験する残尿感を治す3つの方法

2996bb5f5c9f9e819baa9f956c300ebc_s

女性必見!6割が経験する残尿感を治す3つの方法

女性の場合、トイレに行ったばかりなのに残尿感を感じて、またトイレに駆け込んでしまうということが起こりやすいという特徴があります。

とくに男性よりも膀胱炎になりやすく、治りにくいという特徴があるからです。しかし実際には尿が残っていることはなく、残尿感だけを感じることが多いのです。

何らかの病気が原因で残尿感を感じるならば、すぐに病院での治療が必要になりますが、病気が原因でない場合もあります。残尿感を治すにはどうしたら良いのでしょうか。

ストレスをためない

女性はストレスや疲れがダイレクトに体調の変化へと繋がる場合があります。

ストレスをため込むことによって、自律神経が乱れ、様々な病気を発症する恐れがあるのです。その影響が泌尿器系などに及ぶと、残尿感や頻尿などの症状が出てくることがあります。

ストレスは万病のもとと言われているほど、体に悪影響を及ぼす可能性がありますので、早い段階での解消が必要になります。

ストレス解消法としては、リラックスミュージックを聴いたり、アロマバスに入ったりと色々ありますが、人それぞれ違いますので、自分が一番リラックスできる方法で心を休めることが大切です。

睡眠不足を解消する

睡眠不足は神経の乱れを引き起こします。神経が乱れると、尿を出す指令をする機能にも障害が出てくる可能性がありますので、残尿感などを感じることがあります。

また夜間頻尿で夜に尿意をもよおして起きることが多い場合には、睡眠不足になることでしょう。

睡眠不足を解消しないと頻尿や残尿感が改善できず、悪循環になってしまいます。睡眠不足を解消するには、最終的には、睡眠をとれる時に取るという方法が良いでしょう。いわゆる寝溜めです。

残尿感や頻尿の症状がある場合には、水分を控えるのではなく、多めに摂ることが良いのですが、寝る前だけは水分をあまり摂らずに、目が覚めてもトイレに行かないという方法もあります。

寝ている間には、膀胱の働きが弱まりますので、本来はあまり尿意をもよおすことがないはずなのです。

ですので、なるべくしっかりと睡眠をとるようにすれば、目が覚めることもなく、トイレに行く事もなくなるということです。

残尿感の原因となる病気を治す

神経因性膀と言って、脳梗塞や腰椎間板ヘルニアなどの病気や怪我などによって、脳や神経に障害が起こり、排尿の指令がうまく行えなくなってしまうことがあります。

これを治すには、根本的原因である病気を治療する必要がありますので、直接的に残尿感を治すことはできないでしょう。病院で医師の指導のもと、膀胱機能の回復をはかりましょう。

最後に

残尿感は、何とも言えない不快感があり、そこまで重大な症状ではないまでも、日常生活にそれなりの悪影響を及ぼしてきます。

尿のことばかりが気になり、仕事にも集中できなくなります。どこかへ遊びに出かけても、尿のことばかりが気になり、心から楽しむことができません。寝ている間までも、尿のことで頭がいっぱいになります。

生活を尿に占領されてしまっている感覚です。そんな呪縛から解放されるためにも、残尿感の原因を突き止め、少しでも早く、健やかな毎日に戻れるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る