10代20代でも頻尿!?若い人に多い尿漏れの原因とは

10代20代でも!若い人に多い尿漏れの原因とは

尿漏れというと、年配の人がなるというイメージがありますが、10代や20代の若い人にも尿漏れが多いとご存じでしたか?

尿漏れになりやすい人の特徴は、頻尿であることが多いようです。頻尿の方でも特に尿漏れを起こしやすい人の特徴があります。

特に女性に多いと言われている、尿漏れになる原因を調べてみましょう。

頻尿とは?

頻尿とは、トイレに行く回数が多い人のことです。昼間に8回以上、夜寝ている間に2回以上トイレに行くようなら、頻尿であると言えます。特に若い女性に多い頻尿の原因は、膀胱炎と神経性頻尿であると考えられています。

膀胱炎は菌が入り、膀胱に炎症が起きる病気です。妊娠中や暑い時期などになりやすく、トイレを我慢しすぎるとなるケースが多いです。

また神経性頻尿は、緊張するとトイレが近くなる、という症状です。経験があるのではないでしょうか。

そもそも膀胱炎や頻尿になる原因は、出産経験や加齢などによって、また、運動不足や肥満などによって、骨盤底筋が緩んでしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因であると考えられます。

頻尿になったら、なるべくトイレを我慢せずに行くようにしましょう。膀胱炎は自覚症状がない場合も多く、血が出てから気づくことも少なくありませんので、日頃から我慢しないことが大切です。

若い人に多い尿漏れの原因

頻尿になるから、尿漏れが起こると考えた方が良いでしょう。つまり頻尿を改善できれば、尿漏れも改善できるということです。頻尿が引き起こす症状としては、膀胱炎や神経性頻尿が挙げられます。

膀胱炎の改善方法

膀胱炎の改善方法は、水分をたくさん摂り、尿をたくさん出すことで、菌が膀胱にたまらなくなります。

そして、体をなるべく冷やさないことで、改善されることもあります。膀胱炎になったら、とにかくトイレを我慢しないことです。

神経性頻尿の改善方法

膀胱炎とは逆に、トイレに行きたいと思っても、5分くらいは我慢することです。

それでトイレの回数が減って行き、頻尿を改善することができます。膀胱に尿をたくさん溜められるようになります。

骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋が緩んでしまうと、尿意を我慢することができなくなることで、尿漏れの原因となってしまいます。

骨盤や膣を締める体操をすることで、尿漏れの予防と改善ができます。

座っている時に、背筋をまっすぐ伸ばして、足を肩幅に広げた状態でキュッと締める練習をしましょう。

水分を多く摂る

膀胱炎の改善方法でも述べましたが、水分を多く摂って尿を出すという循環が大切です。

水分が不足すると、尿の濃度が濃くなり、膀胱を刺激してしまいます。ですので頻繁に出すことで、尿の濃度を薄く保つことができるのです。

適度な運動をする

適度な運動をすることは、筋力を鍛えることになりますので、尿漏れを改善できる筋力も高めることができます。

また、血流が良くなる事で、尿の循環も良くなる効果があります。体を温める効果もありますので、運動は多くの利点があります。

最後に

尿漏れは恥ずかしいですが、早めに改善しておかないと、加齢とともに筋力が低下したり、ホルモンバランスが崩れますので、悪化してしまいます。

身近な改善方法ばかりですので、日頃から気をつけておけばだいぶ改善できることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る