運動で治る!尿漏れを治療する体操を紹介します

運動で治る!尿漏れを治療する体操を紹介します

最近は若い人でも尿漏れを経験していると言います。仕事中や外出中に尿漏れをしてしまっては、それが気になって集中できませんし、楽しめません。

恥ずかしくて人に相談できないでいる方のために、尿漏れを治療できる体操や運動をご紹介しましょう。

尿漏れの治療のためにはどこを鍛えるべき?

まず一番考えられるのが、骨盤底筋です。加齢とともに筋力が低下しますが、それと同時に骨盤底筋も緩んでしまいます。

この筋肉は肛門や膣を引き締めることができます。それによって尿道を締めることができますので、この筋肉を鍛えることで尿漏れを治療することができます。

特にくしゃみなどお腹に力を入れた時に尿漏れを起こす、腹圧性の尿漏れをする人には効果的です。

尿漏れを治療する骨盤底筋体操

体操をしていることに気づかれずにできますので、仕事中やちょっとした空いた時間にすることもできます。毎日続けやすい体操ですので、効果が出るまで頑張ってみましょう。

電車やデスクで座ったままで体操

イスに座った状態で背筋を伸ばします。足を床にしっかりとつけた状態で、足を肩幅に開きます。

お腹に力が入らないように、膣と肛門を締めて5秒間キープします。そしてゆっくりと力を抜いていきます。これを10セット行います。

台所や洗面所で立ったままで体操

足と手を肩幅に開き、両手を台にのせて体重をかけます。背筋を伸ばして顔を上げ、肩とお腹の力を抜きます。

膣と肛門を締めて5秒間キープします。そしてゆっくりと力を抜いていきます。これを10セット行います。

リラックスタイムに仰向けに寝て体操

仰向けに寝て、膝を立てます。その時に足を肩幅に開き、全身の力を抜きます。

そして膣と肛門を締めて5秒間キープします。そしてゆっくりと力を抜いていきます。これを10セット行います。

夜寝る前に、テレビを観ている時などのリラックスタイムに最適です。

※どの体勢の体操も、慣れてきたら締める時間を長くしていきます。15秒くらいまでできるようになったら、かなり改善できているはずです。

その場合にはインターバルを45秒間くらいにして、体の力を抜いてリラックスします。10セットを10分間かけて行いましょう。

その他の尿漏れ治療のための体操

ヨガをすると、精神を安定させる効果もあり、ストレスや緊張をほぐして神経性頻尿を改善することもできます。また、骨盤底筋を鍛えるポーズも多いので、尿漏れ治療のための体操に適しています。

また、腹筋運動やスクワットも効果がありますので、無理のない範囲で鍛えるようにすると良いでしょう。腹筋運動もスクワットもテレビを観ながらでもできますので、ながら運動に適しています。

最後に

尿漏れは、ある程度は自分で改善することができますので、毎日の体操や運動で治療をしてみましょう。毎日続けていれば、そのうち効果が出てきますので、諦めずにやってみると良いでしょう。

尿漏れは恥ずかしくて、人に相談しにくいからこそ、自分で改善できることはやってみることです。その補助的なアイテムとして、どうしてもという時には紙パンツを使用するのも一つの方法です。

関連記事

ページ上部へ戻る