専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介

専用パンツもパッドも不要!尿漏れを治す薬を紹介

尿漏れは人に知られたくないので、こっそり治したいものです。

お出かけの時は、万が一のことを考えて専用パンツやパッドを使用していたけれど、友人と旅行に行く時などは、パッドを使うこともできませんよね。

専用パンツやパッドに頼らないでも大丈夫なように、尿漏れを治すことができる薬をご紹介いたします。

尿漏れを治す薬とは

尿漏れの種類にもよりますが、切迫性尿失禁の治療には、薬を用いることが多いです。

それは抗コリン薬と呼ばれる薬で、9割近くの人が改善しているというデータがあります。またこれと並行して、カルシウム拮抗薬を服用する人もいます。

切迫性尿失禁は、充分な尿が溜まる前に緊張状態になり尿意を感じてしまうため、トイレまで間に合わずに尿漏れしてしまうことがあるのです。

抗コリン薬の効果は、膀胱周辺の筋肉の緊張をほぐして、収縮するのを抑えてくれます。新しいコリン薬はどんどん開発が進んでいますし、突然おそってくる尿意にも対応できます。

β受容体刺激薬は、膀胱の筋肉をほぐして、尿道のしまりを良くしてくれる薬です。吐き気や動悸などの副作用がある場合がありますが、β受容体を刺激することで、尿漏れを防いでくれます。

腹圧性尿失禁の治療薬は、塩酸クレンブテロールが尿道括約筋を強めて、尿漏れを防いでくれます。筋肉が緊張状態になるため、副作用として手や指先のしびれが起きる場合があります。

腹圧性尿失禁の場合には、骨盤底筋を鍛えることで改善しやすいので、運動療法と並行して行うと良いでしょう。

排尿障害の治療薬としては、その原因を追及することが最も重要ですが、排尿困難や残尿感などを改善する薬が有効です。ただし、血圧低下などの副作用が現れる場合があります。

市販薬は、手軽に購入することができますので、体質や症状に合った薬を選ぶと良いでしょう。

薬と並行して行うべきこと

尿漏れを気にしていると、どうしても水分をなるべく摂らないようにしてしまいがちです。

しかし水分が不足すると、夏場は熱中症になりますし、膀胱炎にもなりやすくなってします。水分は1~1.5リットルほど毎日摂るように心がけましょう。

できれば、コーヒーやお茶などの様な利尿作用の強い飲みものではなく、ミネラルウォーターなどの普通の水が良いでしょう。

そして、清潔に保つことです。お風呂で洗うことはもちろんですが、常に清潔にしておくことが重要です。

妊娠中や夏場に膀胱炎が多いのは、ホルモンバランスもありますが、菌が繁殖しやすい環境でもあります。また水分が汗で出てしまうことでも膀胱炎になる可能性が高くなります。

この他には、疲れを溜めないようにすることと、体を冷やさないということ大切です。

最後に

尿漏れは、専用パンツを履くしか対策がないように思えた方も、薬を使うことで簡単に治療することができるかもしれません。

尿漏れや頻尿は病気ですから、基本的には治療する必要があるのです。市販の薬も出ていますので、あなたに合った薬で治療してみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る